• 事務局
  • 奈良県立医科大学 救急医学教室
  • 〒634-8522
    奈良県橿原市四条町840
  • TEL : 0744-22-3051
    FAX : 0744-22-5992
  • E-mail: jsne2018-office@umin.ac.jp
  • 運営事務局
  • 株式会社ドゥ・コンベンション
  • 〒101-0063
    東京都千代田区神田淡路町2-23,5F
  • TEL : 03-5289-7717
    FAX : 03-5289-8117
  • E-mail: jsne2018-office@umin.ac.jp

プログラム

2018年1月現在下記のプログラムを予定しております。

文化講演

「邪馬台国を考古学からみると―大和説が有利―」

菅谷文則 先生(奈良県立橿原考古学研究所 所長)

特別講演

「脳梗塞と脊髄損傷の再生医療―医師主導治験による実用化―」

本望 修 先生(札幌医科大学教授/付属フロンティア医学研究所)

「医療事故調査制度の現状とそれを取り巻くいくつかの課題」

堤 晴彦 先生(埼玉医科大学総合医療センター、高度救命救急センター)

教育講演

「頭部外傷の画像診断:MRIは役立つのか?」

田岡俊昭 先生(名古屋大学医学部 放射線科 准教授)

「非けいれん性てんかん発作と非てんかん性けいれん発作」

星田 徹 先生(国立病院機構奈良医療センター 病院長)

「臨床研究における多変量解析の利活用」

伊木雅之 先生(近畿大学 医学部長)

ランチョンセミナー1

座長
宮地 茂 先生(愛知医科大学脳血管内治療センター)

「フロートラックシステムおよびクリアサイトを用いた目標指向型周術期管理」

演者
平田 学 先生(京都第二赤十字病院・麻酔科部長)

「急性期市中病院脳神経外科におけるクリアサイトシステムの使用経験」

演者
一ノ瀬 努 先生(八尾徳洲会総合病院 脳神経外科)

共催
エドワーズライフサイエンス株式会社

ランチョンセミナー2

座長
黒岩 敏彦 先生(大阪医科大学 脳神経外科)

「症候性てんかんの薬物治療」

演者
加藤 天美 先生(近畿大学医学部 脳神経外科学)
共催
第一三共株式会社

ランチョンセミナー3

座長
加藤 庸子 先生(藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院 脳神経外科)

「教科書で教わった髄液循環は正しかったか?」

演者
松前 光紀 先生(東海大学医学部外科学系脳神経外科学領域)

ランチョンセミナー4

座長
朴  永銖 先生(奈良県立医科大学 脳神経外科)

「神経集中治療室における鎮静とせん妄管理」

演者
鶴田 良介 先生(山口大学大学院医学系研究科 救急・総合診療医学講座)
共催
日本ストライカー株式会社

 

シンポジウム:4セッション、パネルディスカッション:3セッション

 

2月1日:ハンズオンセミナー:PNLS(Primary Neurosurgical Life Support)

 

2月2日:米国Neurocritical Care Society監修:神経救急セミナー(ENLSコース)

 

アジア若手脳神経外科医セッション

Copyright © 2017 The 23rd Annual Meeting of the Japan Society of Neurosurgical Emergency. All Rights Reserved.